店長日記

久しぶりにDiary更新させて頂きます。

2019/08/20
久々のDiary更新です。三浦屋の三浦純です。
お盆期間中沢山のお客様にご来店頂きまして感謝感謝です。
ありがとうございます。

当店がある出水市は鹿児島県の中でも最も北に位置し熊本県との県境にあります。
店舗前の米ノ津駅の次の駅はもう熊本県の袋駅です。

立地上 熊本県のお客様が最も多いのですが、8月10日~17日の期間に関して関東や関西のお客様も多く、わざわざこんなところまで。。。と恐縮です。ありがとうございました!

取り扱う商品が少し増えたので焼酎を置く棚も増設中で御座います。

鹿児島県の焼酎蔵も、芋焼酎の製造が始まったところもあり新焼酎などこれからどんどん入荷予定です。
出来るだけ早くアップしていきたいと思います。
店舗を閉めた夜間に、webショップの商品登録することが多いので、夜 焼酎を飲みながらでもオンラインショップを覗いて見て下さい。

2019年秋 発売の商品の資材が続々と到着しております。

2019/7/5

三浦屋の三浦純です。
今年の秋 発売商品の資材等が決まり、続々と届いております。
商品詳細、販売店様への案内はまだ先ですが少し画像を載せてみました。。。
※まだ案内前なのでモノクロ画像です。


まだカラーでの画像はお見せ出来ませんが、見たらきっと驚くはず。
酒業界でもどこも使用していない特注のボトル。
三浦屋としてもここまでのボトルは初めてです。
(上が透明に見えちゃってますが、以前から使用しているタイプの 下から上へ色が抜けているボトルでは御座いません)

毎度の事ながら、瓶屋さんにも"初の試み"をお願いしております。
県内外の印刷会社さんにラベル等はお願いしているので、まだ資材は全部揃っておりませんが、届いているどの資材も素晴らしい仕上がりです。

そして大事な"中身"も蔵元で発売を待ち丁寧に寝かされております。

誠に申し訳ございませんが、商品の詳細、正確な発売時期、酒質、ボトルの色味等はお答えできません。
販売店様へ商品案内後に紹介させて頂きます。ご了承下さい。
では、発売をお楽しみに!

さんざん悩んで今日飲む焼酎は「手造り鶴乃泉」。

2019/6/28
三浦屋 三浦純です。

今日は、友人の家で焼肉をするという事で、何か芋焼酎を持って行こうと思い考えておりましたが、今日の1本は「手造り鶴乃泉」

自分で飲む焼酎を選ぶ際も 『今日は何を飲もう・・・?』と店の棚を眺めていると、中々 その1本が決まらず。。。
『これもうまいしなー』でも、『これもいいしなー』 。。。と、中々決められない自分がいます。

今日「手造り鶴乃泉」に決めたのは、"お湯割り"、"ロック"、"水割り " どの飲み方をしても個性があり、飲み方によって雰囲気が変わる芋焼酎だから。です。

一緒に飲む人の中に、"年中お湯割り派"もいるし、ロックでしか飲まない人もいる。

「手造り鶴乃泉」は通常の「鶴乃泉」を長期間かめ壺で貯蔵したものに、紅芋で仕込んだ焼酎をブレンドしております。
最後の仕上げに入れる紅芋焼酎の香味が"お湯割り"で飲むときに香ばしく甘い香りになる事。
ロックでは長期貯蔵 特有の柔らかくまろやかな口当たりが味わえます。

何を飲むか迷った方はぜひ→ 「手造り鶴乃泉 1800ml」

先日は田崎酒造さんと村尾酒造さんに行ってきました。

2019/6/26
三浦屋の 三浦純です。
6月も末になり、御中元のご注文も多く頂いております。
大変ありがたく、皆様に感謝で御座います。

発送、店頭の来店も若干少ないな。。。という事で、この機会にと、
先日はいちき鹿児島県串木野市にある田崎酒造さんと、鹿児島県薩摩川内市にある村尾酒造さんに行ってきました。

自分自身が、あまりメーカーさんに行くこともなく、鹿児島方面への出張が少ないので
鹿児島のローカルな道を走り、いい気分転換になりました。
二蔵元さんとも久しぶりにお話が出来ました。
商売の話などせず、たわいもない話。ですが、それだけで杜氏の人柄や合間見える焼酎に対する熱い思いが聞け、充実した時間を過ごさせて頂きました。

これから8月頃より芋焼酎の製造も始まり鹿児島県内の蔵元様も一年で一番忙しい時期を迎えられます。

店頭、ウェブページでも蔵元さんの素顔や商品のストーリーを伝えられたらと思っております。



↑出張の際によく持ち歩くバッグ。
基本的にいろいろ持ち歩きたくないので、日帰りの時はPCも持って行きたくないぐらいです。
スマホと手帳と名刺、あと筆記用具。
それだけあれば なんとかなるので。。。

最近更新出来ていなかった、こちらのDiary も出来るだけ更新していきたいと思います。

酒舗三浦屋オリジナルセット 好評で1年目を迎えました。

2019/6/17
先週の6月11日~15日の間は店頭休業でお客様にご迷惑をお掛け致しました。
心よりお詫び申し上げます。


三浦屋の三浦純です。
毎週の事ながら月曜日という事で出荷作業がやっと終わり、ほっとしております。
午後からの業務に移ったところで御座います。

お誕生祝い、お中元、お歳暮等のギフト注文等で人気があります商品を1つ紹介させて頂きます。
「酒舗三浦屋からの挑戦状 300ml×5本」と大げさな銘打って発売致しましたがギフト注文でも大変人気がありご購入いただきましたお客様からの評判も好調です。
飲み比べ300ml
昨年商品を作った頃が懐かしく思えます。。。

現在店頭、オンラインショップ等で定番で販売させて頂いております。
商品一つ作るにあたっても芋焼酎の酒質や香り、商品にあったラベル、
飲み比べセットに関しましては飲み比べガイド等、作る時が一番ワクワク致します。
今年も各メーカー様のお力添えの元、新たな商品を展開出来たらと考えております。

父の日ギフト 特集ページ出来ました!

2019/05/11
ギフト特集ページ更新いたしました。
父の日ギフト特集という事で、父の日 貰って一番うれしい物 1位"お酒"!
飲み比べセットや名入れ焼酎等、各種取り揃えております↓↓

ギフト特集

ゴールデンウイーク期間も通常通り営業致します。

2019/04/27
ゴールデンウイーク期間も"はりきって"通常通り営業致しております。
※日曜日のみ休業致します。
※GW期間中も通常通り 09:00~19:00 の営業で御座います。
店頭、TEL、Webshopの対応も上記時間対応致します。

ご来店を心よりお待ちいたしております。

赤撫磨杜 4月15日(月) 発売開始です。

2019/04/10
五年に一回の限定販売「赤撫磨杜」の店頭での販売開始は4月15日(月)になりました。
かめ壺で長期間寝かせた芋焼酎の原酒(アルコール度数37度)
柔らかな口当たりですが、芋焼酎のどっしりとしたコクや甘味が味わえる逸品です。

本日は発売前に画像をアップ致します。
赤撫磨杜の販売価格は5,800円(税込)です。
赤なまず

赤撫磨杜 4月中旬入荷予定です。

2019/04/05
5年に1回の限定販売「赤撫磨杜」が今年4月に発売となります。
今回も数量限定での販売。
今年は撫磨杜発売15年目という事で3回目の発売となりますが、過去2回の発売時
"赤"撫磨杜なのに瓶の色が"ピンク"っぽいという声も多く、今年からは特注で真紅のボトルを制作。 もう誰にもピンクとは言わせない。。。
今回も芋焼酎のアルコール度数37度の原酒タイプ。
かめ壺にて長期間にわたり寝かせた至高の逸品です。
4月5日現在、製造元の神酒造では瓶詰めを終わらせたとの事なので、全国発売も間近!
販売価格は5,800円(税込)となっております。
赤なまず

今日は金曜日ですが、出荷業務を済ませた後、時間があったので
暇を持て余して酒舗三浦屋の今年バージョンのショップカードを作りました。
いつもは和風のラベルや、商品を作る事が多いですが、今年のショップカードは Nostalgie。。。
ご来店の際はぜひ手に取って下さい!
Miuraya

赤撫磨杜発売まで間も無く。お電話でのご注文も4月中旬より承ります。
お客様の驚く顔が早く見たいですが、今しばらくお待ちくださいませ。

会員登録


Owner Diary


モバイルサイト

営業案内
  • 今日
  • 休業日
  • 配送休業日

定休日でも、オンラインショップからの注文は受け付けております。

人気ランキング

取扱い銘柄蔵元一覧